東京神田まつや本店の口コミレビュー!おすすめメニュー紹介します。

東京神田まつや本店入り口

今夜国立劇場まで行くので、久々にどこか東京のおそば屋さんと選んだのが、明治17年創業の下町情緒あふれる「神田まつや」さんです。行きは神田駅から徒歩6分程度、帰りは淡路町駅から国立劇場へ、駅までは徒歩1分でした。

東京神田まつや本店

周りのビルに挟まれた、当時の面影を残す風格ある外観です。木造2階建てで「東京都選定歴史的建造物に指定」されているそうです。多くの外国旅行者が、外から写真を撮っていました。

目次

東京神田まつや本店店内

東京神田まつや本店店内
東京神田まつや本店店内

まつやさんの入口は左右2か所あり、店内入るとなんの仕切りもない、ほぼ正方形の広い空間に、テーブルが3列に並んでいました。奥に店員さんが5名ほど入り口に向かって立っており、お客様が入ってくるとすぐに近づき席に案内します。

店内は16時過ぎていましたがほぼ満席状態です。5人もの女の人がいて、粋な接客注文を取りまくっていました。店内眺めると庶民的な雰囲気で、蕎麦前で一杯という方が多くいらっしゃいました。

東京神田まつや本店の定番メニューと料金

東京神田まつや本店そばメニュー
東京神田まつや本店そばメニュー

もりそば・かけそば・天ぷらそばなどの定番物の他に丼物、一品料理が並んでいます。池波正太郎さん(小説家)が通って食べていたといわれるカレー南蛮も人気のようです。

  • もり又はかけそば      825円
  • きつね           990円
  • たぬき           990円
  • ごまそば          990円
  • ざるそば         1,050円
  • 納豆そば         1,210円
  • 花巻           1,265円
  • そばとろ         1,265円
  • 山かけ          1,320円
  • カレー南ばん       1,320円
  • 鴨せいろう        1,980円
  • 天ぷらそば        2,530円 

東京神田まつや本店料理紹介

東京神田まつや本店メニューなめこそば
東京神田まつや本店メニューなめこそば

季節の御品書より
なめこそば(温)       1,430円
なめこせいろ         1,430円

東京神田まつや本店メニュー亭主のおすすめ
東京神田まつや本店メニュー亭主のおすすめ

亭主のおすすめ
葉わさび           495円
かつを酒盗          550円
青大豆冷やし豆腐       605円
じゃこ天           770円

東京神田まつや本店ビールとおとおし
東京神田まつや本店ビールとおとおし
東京神田まつや本店名物焼き鳥
東京神田まつや本店名物焼き鳥

まずはビールの大瓶、お通しにそば味噌が付いてくる。箸でそば味噌をちょびちょびなめながら飲んでいると、そば屋の焼き鳥が到着、焼き鳥は串に刺さったものではなくばらばらに皿に盛られ、ネギとレモンスライスが付いてきます。鶏の旨味がしみこんで葱がうまかった。塩とからしが添えられていて、肉はふわっと柔らかくからしで食べるとうまかった。日本酒もいきたかったが、寝てしまうといけないので今日は我慢です。

神田まつや本店のそば

東京神田まつや本店もりそば
東京神田まつや本店もりそば

初めての訪問なので、他に気になるものがあったのですがシンプルにもりそばを、四角い笊に盛られてきました。グレー掛かったもっちりとしたそばです。そば粉は、毎日石臼で挽いているようです。つゆは少し辛めのつゆでしっかりと出汁が効いています。

東京神田まつや本店玉子とじ
東京神田まつや本店玉子とじ
東京神田まつや本店玉子とじ玉子がとろけます
東京神田まつや本店玉子とじ玉子がとろけます

玉子とじは、美味しそうな汁の匂いが漂ってくる、玉子と汁がよく混ぜあってまろやかな味に変わる、もっちりめんに汁が染みて良い味になっています。

ごまの香りのよい、ごまそばが人気のようですので、次回はぜひ、ごまそばでいきたいと思います。

東京神田まつや本店そば湯
東京神田まつや本店そば湯

タイミングよく、使い込まれた木製の湯桶に蕎麦湯が、薄く色付いた蕎麦湯をそば猪口に入れて飲干すごちそうさまでした。

東京神田まつや本店のアクセス

[広告] 「テレビや雑誌でも話題!」「馬刺し、馬肉の売上日本一の菅乃屋!」  馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ!【馬肉専門店】菅乃屋ミートの販売促進プログラムです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次